直訳歌詞

《Let it be》を感情的にならずに直訳してみる。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

ビートルズの歌はこのカテゴリーでいくつか訳してきたが、この名曲はまだだった。

正直、やはり直訳するまで、意味は曖昧なままだったと思う。

それでは、以下。

※多少おかしな訳になっても、英語を直接訳すことで、より詩の本来の意味を知ろうとするカテゴリーです。

 

 

Let it be

 

困難な時に自分を見つけた時
母のメアリーが来て(オフィシャル訳は母なるマリア)
英知の言葉を話す
「成るようにさせなさい」と

そして、僕の暗い闇の時に
彼女は僕の目の前に立っている
英知の言葉を話しながら(or そして英知の言葉を話す)
「なすがままに」と

英知の言葉をささやく
「なすがままに」と

そして、世界に住む心砕けた人々が同意するとき

そこには答えがあるだろう
「成るようにさせよ」と

彼らは引き離されているけれども、そこにはまだ彼らが会えるチャンスがある

そこには答えがあるだろう
「成るようになれ」と

その夜が曇るとき、まだ僕を照らす光がそこにはある

明日まで照らしてくれ
なすがままに

あの音楽に目が覚める
母のメアリーが僕のところへ来る
そこに哀しみはないだろう
なすがままに

 

 

ほぼオフィシャル訳と大意はない。

ただ、いつものように直訳で乾いた感情になるので、より意味が伝わりやすいものになったと思う。

意味はこの訳を元に想像したり膨らませたりしてもらうとして、少しだけ加えたのが、サビの部分。

「成るようにさせなさい」もしくは「なすがままに」のあとに、「と」を加えた。

オフィシャル訳は「と」がないので、流しで日本語訳を読んだときに、若干心に入りづらい。

 

この「と」を連続でつけていると、途中不思議なことがあった。

Shine on until tomorrowの次のサビで、「と」をつけると変な感じになる。なので、「」も外した。

明日まで照らしてくれ(照らしてほしい) なすがままに

 

さらに、There will be no sorrowのあとは、「「なすがままに」だ」というイメージのような気がする。意訳の場合は入れたい。

 

ところで、この歌詞に宗教的な意味があるかどうか、私にはわからないが、意味そのままに捉えたいと思う。

Similar Posts:






  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。