旅と都市カルチャーShin-ku

未来の食を予感させるヴィーガン用、チキン風カツレツ

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

Vegan Chicken Parmesan

ABCがヴィーガンのチキン料理を紹介しています。
調理は簡単で、10分から30分で完成。

ヴィーガンが何かわからない人も、まずは作り方を見てみましょう。

オーブンを予熱で400度に設定。
皿に小麦粉(全粒粉)、塩、こしょうを用意して、もう一つの皿にエッグ・リプレイサーと水を用意します。
エッグ・リプレイサーとは卵の代用品です。

フライパンに中火でオリーブオイルを温め、カツを作る要領で小麦粉をつけて、エッグ・リプレイサーと水をつけて、パン粉(できれば全粒粉パン粉。オレガノやヴィーガン用大豆パルメザン風味をトッピングしてもよし)をつけます。

フライパンで2分ほど黄金色になるまで焼きます。

次に、小さめのボウルにモッツアレラを用意します。
これが日本で売っているかわかりません。
「Daiya」というメーカーのthe Daiya Mozzerella Style Shredsです。
ヴィーガン用ですね。

これを焼いたカツレツの上にのせます。

そして、カツレツをグラタン皿に入れて、トマトソースを入れます。

最後にオーブンで10分から15分。チーズが溶けたらオーケーです。

でも、これは完全菜食主義ですよね。
では、カツレツの中身はなんでしょう??

実はヴィーガン用のカツレツや肉というのがあって、大豆でできています。

今回も、大豆でできたチキン風味のものを使うそうです。記事ではGardeinというメーカーの冷凍食品を紹介しています。

お肉料理のおいしさは、本物の肉がなくても大丈夫というわけです。
未来食はもしかしたらこんな風になるのかもしれません。

Similar Posts: