ワールド

武士の子どもの多くが鉛中毒だった可能性あり。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2247545/How-Japans-samurai-caste-toppled-MAKE-UP-Lead-poisoning-left-warriors-children-backward-physically-deformed.html
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2247545/How-Japans-samurai-caste-toppled-MAKE-UP-Lead-poisoning-left-warriors-children-backward-physically-deformed.html

武士の子供には学習障害、精神遅滞などの問題が多く起こっていたのか…。
最新の研究で、武士の子供の多くに鉛中毒の可能性があったという結果が出た。

 

その理由は、母親の化粧。
鉛を使った化粧は母乳から乳幼児へと伝わったという。

 

研究は北九州の産業医科大学によって行われ、400年前の武士の子供と大人の骨をX線で分析。
子供の骨には成人の骨の数十倍の鉛が含まれていた。

3歳以下の子供の場合は、母親の50倍以上になったという。

 

実際に武士階級の子供は病弱で、腹痛、頭痛が多かった。食欲もなく、痙攣、麻痺もあった。

 

鉛が含まれていたのは、おしろい。
その白いフェイスパウダーは、塩化水銀や鉛白で作られていた。

江戸時代には化粧が流行ったため、江戸時代の武士階級には鉛中毒の影響が色濃かったのではないかと見られている。精神の発達にも問題があったと研究者は見ていて、江戸幕府の崩壊や封建社会の弱体化の要因になったのではないかと推測している。

 

 

Similar Posts:






  
 

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。