ワールド

赤外線カメラで町を撮影 不法住宅を摘発。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2381451/Slough-spy-plane-detects-6-000-illegal-beds-sheds-thermal-imaging.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2381451/Slough-spy-plane-detects-6-000-illegal-beds-sheds-thermal-imaging.html

 

家の一部を改築もしくは離れを作り、そこに簡易ベッドを置いて部屋を貸す。

自治体に届け出をしないので、税金は払わない。

そんな状況を見かねたイギリスのバークシャー、スラウ自治会は、税金2万4000ドルかけて、町の上空に飛行機を2時間飛行させた。実行されたのは、夏の夜。

 

目的は、赤外線カメラによる町の撮影だ。

それにより、熱のある家とない家がわかる…。

 

撮影された画像が上の画像。

はっきりとサーモレベルがイメージされていて、家として届け出を受けている囲みの中は涼しい。

他に、囲み以外の場所で青い場所(クーラーが効いている場所)がたくさんある…。

 

そうして発見した不審住居はなんと6350。

最初は200程度だと考えていたから、自治体もその結果に驚きを隠せない。

長屋のようなアパート(beds in shedsと呼ばれる)を建てて、届け出なく人を済ませているのがほとんどらしい。

今後、大家は200ポンドの罰金や建物の解体が行われる可能性がある。

建物は火災などの安全基準を満たしていないからだ。

 

 

 

 

 

Similar Posts: