「今夜はビートイット」の本当の意味(改訂版)

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


マイケルの〈Beat it〉は名曲ですが、歌詞のメッセージは「悪の世界でドツボにはまるな」というもの。

Beat it は「逃げろ」という意味で、真面目なメッセージです。が、日本語タイトルは「今夜はビートイット」。

売れ線を狙うにしろ、昔のレコード会社は日本人をなめている……。
映像は1992年、ブカレストでのライブ。

踊りが激しいのにオケじゃないところが本当にすごい。やっぱり彼は本物だった。
以下、できるだけ直訳したもの。
最後の方の「this ain’t no truth or dare」はなぜかいつもあまり訳されない。

 

 

They told him don’t you ever come around here
Don’t wanna see your face, you better disappear
彼らは言った。二度とここらに来るな。

おまえの顔は見たくない。おまえは消えたほうがいい。

The fire’s in their eyes and their words are really clear
So beat it, just beat it
やつらの目には炎、そして言葉は本当に明快だ

だからずらかろう。ただ逃げるんだ。
You better run, you better do what you can
Don’t wanna see no blood, don’t be a macho man





おまえは逃げたほうがいい。おまえはやれるだけのことをやれ。
血など見たくないだろ、マッチョマンにはなるな
You wanna be tough, better do what you can
So beat it, but you wanna be bad

タフになりたいなら、やれるだけのことをやれ
にげろ。ワルになりたくても。
Just beat it, beat it
(Beat it, beat it)
No one wants to be defeated

にげろ。beat it.
誰もやられたくなんかない。

 

Showin’ how funky and strong is your fight
It doesn’t matter who’s wrong or right

どんなにファンキーで強いかを見せるのがおまえの闘い
誰が悪いか正しいかなんて関係ない
Just beat it, (beat it)
Just beat it, (beat it)
Just beat it, (beat it)
Just beat it, (beat it)

They’re out to get you, better leave while you can
Don’t wanna be a boy, you wanna be a man
You wanna stay alive, better do what you can
So beat it, just beat it
やつらはおまえを捕まえようと探している。
今のうちに出てったほうがいい。
ガキから大人になりたいなら、生き続けたいなら、できることをやれ。

にげろ。

You have to show them that you’re really not scared
You’re playin’ with your life, this ain’t no truth or dare
They’ll kick you, then they beat you,
Then they’ll tell you it’s fair
So beat it, but you wanna be bad
本当に怖じ気づいてないと奴らにしめさなくてはならない。
おまえは人生をもて遊んでる
これは「truth or dare(勇気だめしのゲーム)」ではない
奴らはおまえを蹴り、打ちのめすだろう。
そして、それが報いだと彼らは言うだろう。
だから逃げろ。

 

 

Similar Posts: