旅と都市カルチャーShin-ku

『100年前の世界一周』をGoogleマップで見てみる ケベック フロントナク・シャトー

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


より大きな地図で Maash Maps を表示

100年前、アメリカ、カナダ、日本、インドなどを旅したドイツ人青年ワイデマール。
彼が撮影した貴重な写真がナショナル・ジオグラフィックによって一冊の本にまとめられた。

 

彼はタイタニック号が沈没する7年前に大西洋を渡り、ニューヨークに到着。
一旅行客として、当時の風景を写真に収めていった。

イースト・リバーから見るブルックリン橋も、フラット・アイアン・ビルも、今と少しも変わらない姿を見せているが、よくよく細部を見ると、それは確かに100年前。
ロゴと人々のファッションが確実に違うのだ。
4ヶ月ニューヨークに滞在した彼は、西部への旅を開始。
まずはナイアガラの滝を見物後、セントローレンス川を下り、モントリオール、ケベックをまわった。

 

グーグルマップで探してみたのは、ケベックのあるホテル。
モントリオールには興味を示さなかった彼は、次のケベックに対しては「寄るだけの価値がある」と日記に残した。
町を見下ろす城のようなフロントナク・ホテルがたいそう気に入ったという。

 

マップで調べると、Chateau Frontenac(フロントナク・シャトー)というホテルがあり、その外観はまさに城。
100年前に彼が泊まったホテルは実在していた。

 

この城は今も観光の中心地にある。城の前の広場の奥が観光街で、サン=タンヌ通り前にはオープン・カフェ。

 

城の下側には五稜郭のような城郭跡があり、その西側には広大な公演が広がる。また、小路が素敵な一角は城の北側サント・ファミーユ通り近辺にある。

 


より大きな地図で Maash Maps を表示

城の前のル・セント・ルイス通りを西にいくと素敵な飲食街が。

 

 

Similar Posts: