テクノロジー

ネアンデルタール人復活計画に反対意見。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://edition.cnn.com/2013/01/24/opinion/caplan-neanderthal-baby/index.html?hpt=hp_c5
http://edition.cnn.com/2013/01/24/opinion/caplan-neanderthal-baby/index.html?hpt=hp_c5

 

ハーバード大学のネアンデルタール人復活プロジェクトに対し、反対意見がCNNで紹介された。

反対を表明したのは、アーサー・ケプラン博士(William F and Virginia Connolly Mitty)。NY大学ランゴーン医療センターの生命倫理部門のディレクターでもある。

 

反対の理由の一つは、まずそれをする明確な理由がないこと。

差し迫った必要性や、プロジェクトを遂行する明らかなメリットがないという。

遠い祖先の生物学や、行動について少しはわかるかもしれないが、最悪の場合、テレビ番組がおいしい思いをするだけ…。

 

もう一つは、人間に比べて変形した赤ん坊を生むということ。

そして、感染症や現代の食品になれていない赤ん坊を生むということ。

 

ネアンデルタール人を復活させるのに必要な「合成生物学」についても多少の批判をしている。

課題として、悪者の手に技術が渡った場合だ。

微生物などが生物兵器として悪用される可能性がある。

一部の民族だけに効果がある毒性のあるものを作り出すこともできる。

ジェノサイトを効率的に行えるのだ。

 

 

Similar Posts:






  
 

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。