旅と都市カルチャーShin-ku

ノルウェーの魔術的オーロラについて。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.nytimes.com/2013/03/03/magazine/the-magical-realism-of-norwegian-nights.html?hpw&_r=0
http://www.nytimes.com/2013/03/03/magazine/the-magical-realism-of-norwegian-nights.html?hpw&_r=0

 

地球が宇宙の一部だと感じる瞬間。

この写真は、ノルウェーのReineフィヨルド、Olstind山を取り囲む緑のオーロラの写真だ。

ニューヨーク・タイムズに掲載されたフォトエッセイで、KARL OVE KNAUSGAARDは自身のオーロラ初体験を告白している。

 

彼が初めてオーロラに出会ったのは、80年代後半、18歳のときだった。

ノルウェーの北方にある小さな島で、教師の職を求めて引っ越したばかりのとき。

300人未満の漁師の町で、庭のある家庭はなく、ドアを開ければ自然があった。

文明と自然の間に境界はなかったのだ。

それは文明社会、都会で育った彼にとって、暖かく感じるものだった。

 

秋になり、闇の中で、世界の終わりのような青い光を見た。

夢のような、影のようなものだったという。

 

たとえ科学的な仕組みがわかっていたとしても、それは神秘的だった。

友人と車の中でそれを見た彼は、荒野の真ん中で車から降り、オーロラの下に立った。

 

そこからオーロラを見ていると、宇宙を見ているような感覚に陥ったという。

 

たしかに、オーロラは月よりも太陽よりも星よりも近い宇宙の光だ。

すぐそこに宇宙があることを知らせ、人の心を魅惑するオーロラは、何よりも魔術的な光なのかもしれない。

 

 

 

Similar Posts:






  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。