ワールド

ロマ人のコミュニティ開発許さず。人間バリケード3年間の戦い。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


View Maash Maps in a larger map

これはロマ人とイギリス人との戦いの序章なのか。
20日、イギリスのMeridenの住民が、ロマ(Romanies、Gipsiesジプシー)の追い出しに成功した。
最後のロマは、出て行く前の最後の抵抗として、自らのキャラバンに火をつけた。

 

そして翌日21日の朝10時、Meridenの住民は勝利を宣言。
長い戦いだった。
1088日間、彼らは村の端にあるジプシーのキャンプ開発を防ぐため、夜通し戦ってきたのだ。

 

2010年の4月に発生した、ジプシーのキャンプ。
住民は彼らに立ち退きを迫り、長く困難な法廷闘争が始まった。

 

この悪夢の始まりは、あるジプシーが、牧草地に10万ポンドを払ったことだった。

すぐに開発が始まろうとしていたが、村はそれを止める手立てがなかった。

 

大型トラックが入り、開発がされようとしたとき、住民は一致団結して立ち上がり、そこに集まる。

彼らは人間のバリケードを作り、トラックを入らせないようにしたのだ。

それ以来、200人の住民が徹夜で監視し、そこを守り続けた。

 

村民の意思は固かった。

高齢者も参加し、寒さ、雨、嵐、洪水にもかかわらず、バリケードを守り続けたのだ。

時に住民は「差別主義者」とレッテルを貼られ、家を破壊されるという事件もあり、死を感じることも多かったらしい。

 

一方、ロマ人たちも牛歩戦術で対抗。

土地にキャラバンを作り、そこに住み続けた。

 

しかし先月、3年間の法廷闘争は終わった。
バーミンガムの高等裁判所は、週末までにジプシーらに立ち退きを命令したのだ。

 

この闘争、どちらが正しかったのかはわからないが、来年からロマ人を含むルーマニア人 にイギリスでの就労と居住が許可される。

イギリスにロマ人が増えるのは間違いないが、イギリス人はそれに対し、どう対処するのか。

 

地方の村人がジプシーを嫌いなことは、確かなようだ。

 

 

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2312676/After-1-088-days-villagers-gipsies-Residents-celebrate-victory-Romanies-finally-forced-leave.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2312676/After-1-088-days-villagers-gipsies-Residents-celebrate-victory-Romanies-finally-forced-leave.html

 

Similar Posts: