サイエンス

新惑星に生命がある可能性は「途方もなく大きい」

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://edition.cnn.com/2013/06/26/tech/innovation/new-habitable-planets/index.html?hpt=hp_c4
http://edition.cnn.com/2013/06/26/tech/innovation/new-habitable-planets/index.html?hpt=hp_c4

 

水曜日、科学者らは、ハビタブルゾーンを持つGliese 667Cに、生命がいる可能性が非常に高いと発表した。

Gliese 667というスターシステムには、太陽系のように7つの惑星が同じ周回にあり、うち3つの惑星が完璧なハビタブルゾーンにある。うち、一つの惑星に生命がいる可能性は

tremendous

途方もない、という。

 

 

調査結果はthe journal Astronomy & Astrophysicsに掲載された。

Gliese 667にはトリプルスターシステムという三重星Gliese 667cがあり、ひとつの星の大きさは地球の質量の4から8倍の「スーパー・アース」。

ここから見える太陽は真っ赤で、近くにある二つの兄弟星は非常に明るく、満月のようだという。

 

この研究に関与していないが、マサチューセッツ工科大学のサラ・シーガーはこう言う。

“With three terrestrial-mass planets in the habitable zone, the likelihood of one of them actually being habitable is tremendous,”

ハビタブルゾーンにある三つの惑星のうち、一つが実際にハビタブル(居住可能)である可能性は、途方もない。

 

ちなみに、彼らの太陽は小さく、もし太陽系のような大きさだったら、667cの水は蒸発してしまうらしい。

地球より大きく、太陽はより小さい。

そして二つの満月。

映画に出てきそうなこの惑星に、どんな生命が存在するのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: