旅と都市カルチャーShin-ku

アップル新社屋のイメージ画像と建設予定地

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://edition.cnn.com/2012/05/22/tech/innovation/new-apple-campus/index.html?hpt=hp_c4

カルフォルニア・クパチーノに、2015年完成予定のアップル第二キャンパス。

280万平方フィートに13000人が働き、独自の発電所を持つ「宇宙船」は、ジョブスの最後の仕事とも言える。

2010年ごろ、HPがもしクパチーノの土地を手放したときは、そこを購入するとジョブスは決めていた。

 

キャンパスの80パーセントは自然のままにするというのがジョブスの方針。

現在の樹木を増やし、計6000本にする。

屋根は太陽電池で覆われる。

 

ジョブスは市議会への説明で、この建物を「宇宙船が着陸したように見える」と呼んだという。
完成したあとにグーグルマップで見たら、そう見えるかもしれない。
 

 


より大きな地図で Maash Maps を表示
建設予定地は現在のキャンパスから車で10分程度。左には現社屋のインフィニット・ループも見える。

Similar Posts: