旅と都市カルチャーShin-ku

世界で最も危険な都市はサン・ペドロ・スラに決定。ここまで危険な街を、誰も知らない。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2301917/San-Pedro-Sula-Honduras-city-tops-list-worlds-violent-places.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2301917/San-Pedro-Sula-Honduras-city-tops-list-worlds-violent-places.html

 

毎日3人が殺されている都市がホンジュラスにある。
サン・ペドロ・スラ(San Pedro Sula)だ。


View Maash Maps in a larger map

 

貧困が蔓延しているこの街は、麻薬カルテルが跋扈し、ギャングが殺し合いを行う。

そのため、ここに法はないに等しい。

 

少なくとも毎日3つの殺人事件が起こるここは、「世界で最も暴力的な場所」に選ばれた。

ギャングら武装勢力は、ここに警察官が及ばないことを知っている。

スラムや村々を支配するのは、彼らだ。

この街を選んだのは、メキシコのシンクタンク『the Citizen Council for Public Security, Justice and Peace 公共安全、正義と平和の市民評議会』。

2012年、サン・ペドロ・スラは1218件の殺人があったため1位になった。

2位以下は、メキシコのアカプルコ、ベネズエラのカラカス、ホンジュラスのディストリオ・セントラル、メキシコのトレオン、ブラジルのマセイオ、コロンビアのカリ、メキシコのヌエボラレド、ベネズエラのバルキシメト、ブラジルのジョアンペソア。

 

サン・ペドロ・スラは殺人が問題になるだけあり、経済的にも南米の他の都市と比べ相当厳しいようだ。

ロイターは2012年、南米で最も経済が弱い街としてサン・ペドロ・スラを紹介した。人口の70パーセントが貧困にあえいでいるという。

 

麻薬カルテルやギャングが増えたのは、メキシコの麻薬カルテルが原因だ。

彼らはサン・ペドロ・スラに土地を購入し、殺人部隊を作った。

それがMarasと呼ばれる極悪ストリートギャングに成長したのだ。

しかし、今市民が最も恐れ、怒りの矛先を向けているのはギャングではない。

警察だ。

 

AP通信は先月、警察の「腐りきっている」状態を告発した。

ここ2年間で警察に殺された市民は149人。うち、ストリートギャングは25名しかいなかった。

つまり、警察官自体が暗殺部隊のようになっていて、市民は裁判官や法の下に裁かれることなく、警察官によって処刑されているのだ。

警察は市民を殺し、ギャングはギャングを殺す。

 

すべてが「救いようのない」街なのか。

 

 

 

 

Similar Posts:






  
 

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。