CX-3のフェイスデザインは国産レベルを超えている。

  北京で開催されているモーターショウで、MINIの新ペースマンが発表された。 といっても、MINIだから常に外観はマイナーチェンジだ。   MINIがデザインの根底としているのは、フロントからリアま … Read More

ゴーグル式ガジェットが道路情報を映し出すMINIの新コンセプト

花粉対策のサングラスが欲しいなと思っていたとき、こんなゴーグル型を探していた。 でも、この写真はそういったファッション的なことを言いたいわけじゃないのだ。 記事のタイトルは「Mini creates weird-look … Read More

デミオベースのサイオンiAファーストルック モータートレンド

米サイト、モータートレンドによるサイオンiAのファーストルック。 グリル・バンパー部分とヘッドライトはまったく違うが、アルミホイールは少しだけ似ている。 トヨタの若者向けブランドだけに、フロントグリルが攻撃的すぎるイメー … Read More

米国でのVW再生に向けて工場用地拡大と新規雇用を計画か。

  フォルクスワーゲンが米テネシー州で、新SUVによって25パーセントの拡張計画を発表した。 具体的には工場用地の拡大らしく、130,153スクエアフィートを増やしたいと考えている。 火曜日に地元の産業開発ボー … Read More

2016インフィニティQX50がNYオートショウでデビュー。

  リデザインされたQX50(スカイライン・クロスオーバー)が水曜日、NYオートショウで披露された。 ホイールベースが80mm長くなった分、インテリア容積もリアカーゴ容積もアップ。 より実用性が増して、アメリカ … Read More

アストン・マーティン・バルカン、北米でも公開

  ジュネーブで公開されたアストン・マーティン・バルカンがNYオートショウにもやってくる。 北米初披露。 800馬力、7.0リッターV12という化け物パワートレインに、カーボンを全面に押し出したインテリアが衝撃 … Read More

ドリフトモード搭載のフォード・フォーカス・RSがNYモーターショウで披露。

来週のNYモーターショウでフォード・フォーカス・RSが披露されるらしい。 2.3リッター4気筒ターボ「エコブースト」エンジンで315馬力以上をデリバーするドリフトマシン。 AWDでパワーを逃がさない上に、サスペンションは … Read More

マツダ・ロードスターベースのフィアット車は《Fiat 124 Spider》で決定。

  フィアットの新型スポーツカーの名前が《Fiat 124 Spider》になることは確実のようだ。 まず、《Fiat 124 Spider》という名前が北米で12月に登録商標されていたが、英メディア《Auto … Read More

CarPlay「世界主要メーカーで採用される」とティム・クックが明言。

  今回のアップルの発表イベントは、アップル・ウォッチとMacBookが目玉だったが、 「CarPlayがほぼ主要な自動車ブランドで搭載される」という発表のほうが興味のある人は多い。   Every … Read More

全米4月3日公開《Furious 7》のカースタントがぶっ飛んでいる。

  Furios7のトレーラーが新たに追加された。 今回は車好きにぜひ観て欲しいカーアクションだが、もはやスタントの域を超えている。CGだ…。   オフィシャルトレーラーはこちら   公式サ … Read More

「最もワーストな中古車は?」米コンシューマー・レポート

  米コンシューマー・レポートが、「最悪の中古車ランキング」を発表している。 1位 クライスラー・PTクルーザー このレトロな外観がまずいのと、コンシューマーの信頼性が悪い。   2位 フォルクスワー … Read More

実用的な価値のある車ベスト・カーズ・フォー・マネーのSUV部門を日本車が独占。

  U.S. NEWS & REPORTが、2015年の「ベスト・カーズ・フォー・マネー」を発表した。 実際に買う、お金を払う車としてベストな車を選ぶわけだが、平均価格やオーナーが5年間に支払った維持費 … Read More

日本車嫌いの《Top Gear》が見たインフィニティQX30

BBCには過激な車批評番組《Top Gear》がある。 彼らは「ホンダはかっこ悪い(老人は若者よりセンスがないので、ホンダの新車を老人に見せて、気に入ったらやはりホンダはダサいということになるという検証をしたりする)」と … Read More

VWスポーツクーペGTE発表。でもやはり難しいVWのデザイン進化方法。

  数ある車の中で、デザイナーの頑張った感がないゴルフやポロのデザインが大好きだが、最近のVWコンセプトを見る限り、その時代は終わりを告げたようだ。 グループ内はアウディもランボルギーニもあるのだから、余計な欲 … Read More

混戦のセグメントに殴り込むインフィニティQX30。

  日産のことを書いたばかりなので、インフィニティについても。 今、スイスのジュネーヴで開催されているモーターショーで、QX30のコンセプトが発表される。 フェアレディZが昔の面影を無くし、残念な方向に進む中、 … Read More

DJデミオのエンブレムとグリルを黒でラッピング。

  ホイールキャップに続いて、DJデミオのフロントグリルとエンブレムを黒でラッピングした。 近くで見ると汚い。   グリル、ホイールともに黒にすることで、本体のグレーがぐっと引き締まった。 将来的には … Read More

DJデミオのホイールキャップを黒に塗装。

「ホイールを黒にしたい」と考えてから、いろいろと悩んだ。 アルミホイールに替えるか、黒のホイールキャップを買うか。 最終的に、自分で純正キャップを塗ることにした。   スプレーは剥がせるラップスプレーとかではな … Read More

ロボットがあなたのクルマを駐車させる。 独デュッセルドルフ空港

近未来的なライティングの駐車場に、まずクルマを停める。 そしてチケットを受け取ると、ゆっくりとロボットがやってくる。 彼の仕事は、クルマを格納スペースまで運ぶこと。 クルマの大きさはもちろん、センサーでタイヤの位置などを … Read More

BMWとトヨタでスモールバージョンのMINIを開発か。

大型化、高級化が進むMINIだが、ここに来て昔のようなスモールバージョンが現実味を帯びてきた。 4日の海外メディアの記事によると、BMWとトヨタが共同開発するらしい。   MINIのミニバージョンといえば、20 … Read More

2014年発売のジープ・チェロキーにサイドエアバッグ誤作動の不具合

  フィアット・クライスラーとなってデザインも一新したチェロキーだが、エアバッグの不具合でリコールが出た。 ソフトウェアの不具合で車が横転(ロールオーバー)していると勘違いし、サイドエアバッグが誤作動するという … Read More

ドイツ本国仕様のポロ・ラウンジにスペシャル・エディション

  日本では榮倉奈々で女性向けをアピールしているフォルクワーゲン・ポロだが、本国ドイツでは男性的なモデルもある。 このポロ・ラウンジは、今年発表されたばかりのスペシャル・リミテッド・エディション。 シートのター … Read More

ロータスのC-01をスタンダードにしてほしい。

  今、乗りたいバイクはどれだろうと正直に考えると、やはり今っぽいものはない。 今っぽいというのは、素材が今っぽいこと、デザインがシンプルであること。 なので、今までのバイクっぽくはないものかもしれない。 &n … Read More

戦後すぐのデザインがこれ。航空機デザインと車を融合させたカロシェ、フィゴーニ。

  この写真を見ていると、流線型の未来のクルマかと思えてしまう。 横からの姿は、完全に手塚治虫の未来カーだ。   このクルマが完成したのは、1948年。 戦後すぐだ。 名前はDelahaye 135M … Read More